株式会社 岸田は、自社製造のJIS生コンを、
迅速・丁寧・確実 に   
お客様にお届けします。


株式会社 岸田
http://kisida.jp

横浜 Yokohama 川崎 Kawasaki・東京南部 Southern Tokyo 横浜市港北区 綱島街道沿い マンション風景

お気軽にお問い合わせご相談ください
電話アイコン

プラントアイコン生コンを作る

骨材について > 製造プロセス > ページ内リンク:技術と特徴 >

生コンを作る

JISの規格に則ったプロセスと設備で生コンクリートを製造し、コンクリート技士やコンクリート診断士などの有資格者がISO9001の管理体制を用いて製造管理を行っています。
※「認証書類等」ページを参照してください。  こちら >
 
コンクリート診断士登録証 プレビューコンクリート技士登録証 プレビュー

「生コンを作る = 生コンを創る」という気構えで、仕事をしています。

技術と特徴

【 高強度コンクリート大臣認定取得 39N~60N 認定番号MCON-3 】

設計基準強度39~60N/㎣の高配合の生コンクリートを製造することができ、お客様のニーズに合った生コンクリートをお届けすることができます。
※「認証書類等」ページを参照してください。  こちら >
 
高強度コンクリート認定書 プレビュー

【 全国生コンクリート品質管理監査会議の(適)マーク使用承認 】

弊社は、全国生コンクリート品質管理監査会議の(適)マーク使用承認工場です。
横浜・川崎の地域に、(適)マークの生コンをお届けできます。
以下の全国生コンクリート品質管理監査会議の発信情報を、ご覧ください。

平成29年度 適マーク 全国生コンクリート品質管理監査会議

全国生コンクリート品質管理監査会議ホームページ >
平成29年度 (適)マーク使用承認工場リスト 神奈川県 >

【 ISO 9001品質マネジメントシステム登録 】

ISOとは国際標準化機構であり、ISO 9001品質マネジメントシステムである製品管理体制により、JISが求める管理体制に対応しています。
※「認証書類等」ページを参照してください。  こちら >
 
ISO9001品質マネジメントシステム登録証 プレビュー

【 遮熱塗装車両の導入 】

弊社では、夏季の高温環境下で生コンの温度上昇による品質低下を防ぐため、ドラムを遮熱塗装した車両を導入しています。。
※「車両紹介」ページを参照してください。  こちら >
 
遮熱塗装8t車 プレビュー

【 コンクリートのテスト 】

圧縮試験機

日々採取したコンクリートは、この圧縮試験機で強度を確認し、品質を管理しています。
この圧縮試験機は2000kNの荷重まで測ることができ、高強度コンクリートにも対応しています。

【 当社 品質方針 】

●当社は、生コンクリートの製造を通じて、社会に貢献し、顧客が必要とし、満足する品質の生コンクリートを提供し、品質に対する信頼を得る。

●ISO9001規格の要求事項を遵守し、品質保証の徹底を図り、創意を尽くし、技術の向上を目指す。

製造プロセス

生コンを作るプロセスを、弊社のプラントの機材とともに紹介します。

ストックヤード 砂利

骨材(砂利・砂)は、それぞれ雨水や直射日光にさらされない分別したストックヤードに置かれています。
粗骨材を540t、細骨材を520t貯蔵することできます。

ストックヤード 砂
矢印
ベルトコンベアー

この円筒の中にベルトコンベアーが有り、骨材をプラント上部まで運び上げます。

矢印
セメントタンク

もう一方の主材料の3種類のセメントは、2基のセメントサイロに保存されています。
圧送されて、プラント上部に送られます。

矢印
プラント全景

プラント全景です。
上部より、ターンヘッド、計量器、ミキサーが設置されています。

矢印
ターンヘッド

ターンヘッドはプラント上部にあって、下から来た砂利と砂を振り分けます。

矢印
バッチャープラント

バッチャープラントで、材料を適切に撹拌します。

【 バッチャープラント 】

プラントメーカー :日工(株)

操作盤メーカー:日工(株)

ミキサメーカー:日工(株)
ミキサ 二軸強制練り2,500ℓ×1基
能力 毎時標準 120m³/h
最大 150m³/h

矢印
操作盤

操作盤でお客様より指定されたコンクリートのセメント、骨材、水、混和剤を正確に計量、撹拌した生コンクリートを製造しています。

操作盤
矢印
積み込み部

生コンクリートはミキサーからホッパーに落とし、製品の状態を確認してからミキサー車のドラムに投入されます。

積み込み部
矢印

お客様が待つ現場へ、
迅速・丁寧・確実 に
ミキサー車

矢印 横

現場から戻ったら、
ミキサー車はすぐに洗浄
こちらへ >

骨材について

粗骨材

生コンを作る上での大半を占める材料に、セメントと骨材があります。
骨材は最適な材料を選んで使用しています。

【 弊社の使用骨材 】

粗骨材:
<<<―

石灰砕石 大分県津久見産、強度発現が大きく、乾燥収縮、自己収縮が小さいコンクリートに適した大分の石灰砕石を使用しています。
大分鉱業(株)採掘

粗骨材

細骨材:
<<<―

山砂 千葉県君津産、関東で採取可能で安定して供給される、千葉の山砂を使用しています。
日本開発興業(株)採掘

※セメントや石灰岩の情報を、参考にご覧ください。
● 石灰石鉱業協会 様 >
●(株)小沢商店 様 セメントはどこから来るか? >

Copyright (C)  株式会社 岸田 All Rights Reserved.